安心保証でずっとつるつる

部屋

まずは気軽に見積もり

自宅や店舗の床にフロアコーティングを施すときには、実績ある業者を呼びたいもの。身近な地域でフロアコーティング業者を探したら、まず始めに見積もり額を出してもらいましょう。
先に伝えたようにコーティング剤にはたくさん種類があります。施す場所や希望する効果に応じてコーティング剤を選択しましょう。種類別に見積もり額を出すことももちろん可能です。
いくつかの業者をピックアップして比較し、予算内で施工可能な業者を見つけましょう。新築のマイホームを購入した家庭は特に、時間が経ってしまう前にフロアコーティングを施しておくことをおすすめします。湿度の高い地域だとカビの心配も出てきますよ。

ビフォーアフター写真

フロアコーティング業者の公式ホームページには、過去に施工を施した家庭のビフォーアフター写真が掲載されています。その写真を見比べながら、好みの仕上がりを探してみましょう。
同時にその部屋の広さや使用されたコーティング剤もチェックしていると、検討材料となる金額も把握できます。当然のことながら広い部屋だと高額になるので、コーティング剤の金額と質を見比べておきましょう。
安くても保証期間や効果が短いと、再施工をすぐに必要とすることも。そうなるとまたお金が掛かるので、長い目で見ると一度の施工で長期保証を得た方がお得になります。

長期的な保証

フロアコーティング業者が提示している保証期間は、いわゆるコーティング剤の耐久年数です。ダイアコーティングのように35年近く長く効果をキープできるものもあるので、頻繁に施工を施す必要はないでしょう。
しかし、何かしらの事情で床の状態に変化が出たときには保証期間内に限り、再度施工してもらうことも可能です。コーティング剤の耐久年数に合わせて保証してくれるので、気になることはすぐに相談するべきです。
同じフロアコーティング業者であっても、保証を設けないところもあるので、金額の比較と共にチェックすべきポイントだと言えます。

普段の掃除

念願のフロアコーティングを施した後は、普段の掃除がとても楽ちんになります。これまで細かなゴミを取り除けなかった床も、軽い掃き掃除だけでしっかりゴミを集められるでしょう。
掃き掃除だけでなく、たまに床磨きもすると、コーティング剤の耐久年数に関係なく綺麗な状態を長くキープできますよ。特に、幼い子どもやペットがいる家庭は、自宅内が汚れやすい環境にあります。
この機会にフロアコーティングを検討してみるのはいかがでしょうか。

広告募集中